歯ってなんで大切なの?

乳歯は永久歯に生え変わりますが、永久歯は生涯使う大切な歯です。

永久歯を失ってしまうと何が起こると思いますか?

・食べ物が噛めない

しっかりと食べ物をかみ砕くことで唾液と交じり合い食べ物の”味”が引き出されます。また、細かくかみ砕けない事で消化吸収の妨げになり胃や腸の負担が大きくなります。

・食事を楽しむことができない

物を噛んだ時の噛み応えや歯ざわりを感じることができなくなります。また、しっかりと噛むことができないのでご家族やご友人と一緒に食事を楽しむことができず外食することが億劫になってしまいます。

・正しい発音ができない

etc…

他にもたくさんありますが、これだけでもすごく大切なことがわかります(‘_’)

歯を失わないために必要なことは、しっかりと正しい方法で毎日歯磨きをすることと痛くなくても定期検診にしっかりと通うこと☆★

定期健診に通ってなんでも相談できるかかりつけの歯医者さんを見つけましょう(^^♪

当院では患者さまのお話をしっかりと伺うためカウンセリングルームがあります!

一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正

お気軽にお問合せください(^^)/

今月の矯正の日程は、10(水)と12(金)です。

イオンタウン名西2F 地下鉄鶴舞線 庄内通駅より徒歩2分

明けましておめでとうございます

昨年はご愛顧を賜り誠にありがとうございました。

本年もみなさまのお口の健康を守るお手伝いができるよう丁寧で安全な診療を心がけて参ります。よろしくお願いいたします。

緊急事態宣言が発令された場合、今まで通り感染予防対策をしっかりと行った上で通常通り診療を続けていく予定です。

変更等ありましたら随時お知らせさせていただきます。

診察にお越しいただく際はマスク着用のご協力お願いいたします。

親知らずについて

親知らずとは、前から数えて8番目の歯のことです。

20歳前後で生えてくるので、平均寿命が40歳前後だった昔は、自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまい、見ることが出来ないというのが親知らずの名前の由来と言われています。

親知らずは、残しておいた方がいい場合や抜歯の必要がない場合ももちろんありますが、置いておくと悪影響を及ぼす場合が多いので基本的には抜歯をおすすめしています。

親知らずが及ぼす悪影響とは

一番奥に生えてくる歯なので歯ブラシが届きづらく磨き残しが多くなります。磨き残しが多いと歯茎が炎症をおこし腫れてしまう、大切な手前の歯までむし歯になってしまう、歯周病がそこから進行してしまう などです。

当院では、月に1回口腔外科の専門の先生に来ていただいておりますので

横向きに生えている、半分埋まっている など

難しいケースの抜歯でも可能です。 CT検査も可能です。

虫歯や歯周病になってからだと、麻酔が効きにくくなる場合がありますし、抜く時期が遅いと、親知らずが骨と引っ付いてしまい抜くのが大変になる場合があるので、抜歯の時期としては、生えてからできるだけ早い方が理想的です。

親知らずが生えているかわからない。どんな状態なのか知りたい。抜歯が必要か相談したい。など お問い合わせお待ちしております(^^)♡


〒451-0015 名古屋市西区香呑町6丁目49番1  イオンタウン名西2階


歯がしみる原因について

虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりすることはありますか?

そのような症状がある場合「知覚過敏」の可能性があります。

知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みであり、さらにその痛みは一過性で、冷たい水や摩擦などの外来刺激によって誘発されるということです。

また、知覚過敏の場合は高頻度で楔状欠損が見られることも特徴の一つです。

ソース画像を表示

↑このように歯が削れているのが楔状欠損と言います!

知覚過敏の主な原因としてブラッシングのやり方に問題があることや

歯周病や歯肉炎が原因なこと、歯ぎしりや噛み合わせが原因なこと、

また歯科治療が原因(特に歯石取り)、実は知覚過敏ではなく虫歯という点が挙げられます。

知覚過敏が疑われる場合には以下の点を気を付けましょう!


・まずは、正しいプラークコントロール(歯磨き等)を行う。

・ブラッシングの際に、知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクトなど)を使用する。

・上記の方法を1週間程度行っても症状が変わらない場合は、歯科医院を受診して診察を受ける。

もし知覚過敏だった場合は、しばらく我慢をしていると歯の中にある細胞が外部からの

刺激を防ぐ壁を作ることで痛みが治まる場合もありますが、

必ずそうなるというわけではなく、そもそも虫歯が原因だった場合は

どんどん虫歯が進行してしまう恐れがありますので、

できるだけ早めに歯科医院を受診して検査をしてもらいましょう(^^)

選ぶ材質で予防ができる事ご存じでしたか?

当院では、保険診療はもちろん、自由診療にも力をいれています。

自由診療とは、セラミック、インプラントなどの保険がきかない診療のことです❣

「気付いたら銀歯になっていた」

こんな経験はありませんか?

銀歯は保険内でできるのでとてもリーズナブルではありますが、それなりのリスクを抱えています。

”金属アレルギーをおこす可能性”

アクセサリーなどと同じで、歯の詰め物などでもアレルギーをおこします。お口で金属アレルギーがおこると手や足に症状がでることがあるので気付くのが遅れてしまうこともあります。

”時間が経つと劣化し変形してしまう”

詰め物や被せ物が変形してしまうと、歯や歯茎との境目に隙間ができてしまい、そこから中に汚れがたまってむし歯が再発してしまうことがあります。

治療したのになんで?と思ったことがある方、、これが原因かもしれません!!

そこでオススメしたいのは、セラミックです♪

自由診療なので決して安くはありませんが、それだけのメリットがあります。

”材質的に変形しづらい”

変形しづらいので隙間もできにくい=むし歯の再発のリスクが低くなります。

”表面に汚れ(プラーク)がつきにくい”

むし歯や歯周病の原因となるプラークがつきにくいため予防の効果があると言えます。

ソース画像を表示

ご自分の歯で少しでも長くごはんを美味しく食べていただきたい。

選ぶ材質でそれぞれメリット、デメリットがあることをしっかり納得して治療を受けていただきたいので型取りを行う前にカウンセリングを行います(^^)

生きるはお口から。 8020目指して一緒に頑張りましょう♬

ホワイトニング

当院でのホワイトニングは、ホームホワイトニングを行っております。

ホームホワイトニングとは、自身で行うホワイトニングのことをいいます。歯科医院でマウスピースを作成し、専用の薬剤をマウスピースに塗布して毎日2時間ほど装着していただきます。

およそ2週間で効果がでると言われています。(※個人差があります)

好きな時間に自宅で行うことができるので、普段忙しくて歯科医院へ行くことができない方でも、簡単に始められるのでおすすめです☆

当院では現在7周年記念のキャンペーンを行っていて、ホワイトニングではジェルを追加で1本プレゼントさせていただいております。(9/30まで)

歯の色が気になる方、白くキレイにしたい方、ぜひこの機会にお試しください♪

ソース画像を表示

改装後の医院を紹介します!

以前お知らせをしていた改装が終わりましたので、改装後の医院を紹介していきます☆

新しく特別診療室を新設しました!

保険外診療を受けられる患者さまには優先してこちらの診療室で治療が受けられます。

プライバシーに配慮した完全個室のため、ゆったりリラックスした状態で治療を受けていただけます。

また50インチの大きなモニターでより分かりやすくご自身のお口の中の状態を確認していただくことができます。

さっそく患者さまからも「個室だから安心で落ち着きますね!」というお言葉をいただきました!

また、キッズスペースも改装しました!

待合室側からも診療室側からもお子さんの様子が見えるので、お子様連れの方も安心して来院いただけます。

ぜひこの機会に初診の方も既存の患者様もお越しくださいませ(^^)

お子さまのむし歯予防

乳歯は、永久歯に比べてやわらかく、歯質が未熟なのでむし歯になりやすいと言われています。

とても恐ろしい特徴です。。

「痛くなったから歯医者に行く」ではなく「むし歯にならないために歯医者に通う」小さい頃から「歯を大切にする習慣をつける」ことがとても大切です!(^^)!

当院では、フッ素だけでなく牛乳由来の成分でできたMIペーストを併用しており、メロン・ストロベリー・バニラ・ヨーグルト・ミントの5種類から選べて季節によって期間限定の新しい味がでることもあるのでお子さまも楽しく健診を受けていただけると思います☆★

ソース画像を表示

定期健診に加え、毎日のセルフメンテナンスもすごく大切です。

歯ブラシだけで落とせる汚れは6割程度。

あとの4割はお口の中に残ったままになってしまいます。

仕上げ磨きの際にフロスを使ってみてください。歯と歯の間の汚れも落とせるのでとても良いです(*^_^*)

セルフメンテナンスと定期健診でお子さまのお口の健康を一緒に守りましょう♪